みなさま、ご機嫌あそばせ

生まれ変わったら石油王の娘になりたいAniです。

今回は、

「夏休み 子供がずっと Youtube」

という悩みを抱える2児の母であるAniが、

「このままじゃまずい…!!」

と思い「子供の考える力を鍛えるドリル」を買い漁った結果、

小学2、3先生におすすめできる3つのドリルを紹介します。

多分、私と同じ悩みを抱える方が多いと思います…ずっとダラダラ夏休みを過ごしている子供たちに、何かしらドリルをやらせたい!と思っているママパパはぜひ参考にしてくださいー!

ちなみに他の年齢のおすすめドリルも紹介しているの参考にしてくださいー!

幼稚園児、小学1年生の夏休みおすすめドリル2選

小学1、2年生の夏休みおすすめドリル2選

小学3、4年生の夏休みおすすめドリル2選

小学2,3年生の夏休みおすすめドリル3選とは

早速ですが、Aniがおすすめするドリルは次の3つです。

  • 算数脳パズル なぞぺ〜2
  • 算数脳パズル なぞぺ〜3
  • 図形なぞぺ〜

それでは詳しく解説していきます。

算数脳パズルなぞペー2 とは

「算数脳パズルなぞペー2」は、東京大学大学院を卒業された「子供の考える力を研修する2人の専門家」が、5才から小学三年生向けに作ったドリルです。

ただ、5歳には難しいと思います。

(小学校受験を考え中の5歳なら解けるそうです。すごいわ…小学校受験…)

ドリルは、全部で56問あって、中身は「折り紙」「席順」「図形」等、多種多様な問題が用意されています。

個人的には小学2年生でも難しいのでは…と思うのですが…

問題はこんな感じです。

こちらが図形の問題

折り紙の折線を選ぶ問題です。これは一緒の折ってみると良いですね

こちらは思考力の問題

問題からみんなの席を決めるものです。これもまあまあ難しいのでは???

こちらは変化の問題

これは脳を刺激しそうですね!

算数脳パズルなぞペー2をおすすめする3つの理由

さて問題と概要とお伝えしてきましたが、私が算数脳パズルなぞペー2をおすすめする理由は次の3つです。

  1. ページがだんだん難しくなっていくので段階的に取り組める
  2. 所々簡単な問題もあって、子どもが「できたー!」って喜ぶのが可愛い
  3. 問題がすごく視覚的になっていて、字が読めなくても出来る

問題数は56問とやや少なめで、夏休みに毎日こなすとしたら、1日2問から3問づつで、「少し物足りないのでは?」と感じる方もいるかもしません。

正直、私もそうでした。でも、大丈夫です。子供は2から3問が限界です!

算数脳パズルなぞペー2の口コミレビュー

早速、子供にトライしてもらいました!

難しい問題は親も一緒にやる必要があって、大体1問解くのに5分から10分程度でした。

一方、簡単な問題もあって、自分でできた問題は「できたー!」とすごく喜んでやるので、結構いい感じです。

量が少ないのかな…とも思うのですが、子供もすぐ飽きるので、Ani的にはこれぐらいでヨシとします!

Ani的には、おすすめは、この後紹介する「算数脳パズルなぞペー2」と「算数脳パズルなぞペー3」、「図形なぞぺ〜」をセットで行うことです。

 > 算数脳パズルなぞぺー2 購入はこちら

似ているテキストがあるから注意してね!

算数脳パズルなぞペー3 とは

「算数脳パズルなぞペー2」は、東京大学大学院を卒業された「子供の考える力を研修する2人の専門家」が、5才から小学三年生向けに作ったドリルです。まあ基本的には2が3になった感じなので、印象としては同じです。

5歳には難しいのでは…(小学校受験を考え中の5歳なら解けるそうです。すごいわ…小学校受験…)

問題はこんな感じです。

普通の迷路

出会うところを見つけるのですが、、、これって高校受験とかでやるんじゃ…?

こちらは半分に分かれる問題

この問題は元気よく解けて喜んでいました!

こちらは条件付き迷路

どのように進むかという問題です。これは脳が刺激されそう

迷路なぞぺー(入門編)をおすすめする3つの理由

算数脳パズルなぞペー3をおすすめする3つの理由

さて問題と概要とお伝えしてきましたが、私が算数脳パズルなぞペー3をおすすめする理由は次の3つです。

  1. ページがだんだん難しくなっていくので段階的に取り組める
  2. 所々簡単な問題もあって、子どもが「できたー!」って喜ぶのが可愛い
  3. 問題がすごく視覚的になっていて、字が読めなくても出来る

問題数は56問とやや少なめで、夏休みに毎日こなすとしたら、1日2問から3問づつで、「少し物足りないのでは?」と感じる方もいるかもしません。

でも、侮れないです。

えっこれって中学でやるんじゃないの?みたいな問題もあって、結構難しいです。それでも子どもが一生懸命にやってくれました。

算数脳パズルなぞペー3の口コミレビュー

早速、子供にトライしてもらいました。

難しい問題は親も一緒にやる必要があって、大体1問解くのに5分から10分程度でした。

一方、簡単な問題もあって、自分でできた問題は「できたー!」とすごく喜んでやるので、結構いい感じです。

量が少ないのかな…とも思うのですが、子供もすぐ飽きるので、Ani的にはこれぐらいでヨシとします!

Ani的には、おすすめは、この後紹介する「算数脳パズルなぞペー2」と「算数脳パズルなぞペー3」、「図形なぞぺ〜」をセットで行うことです。

> 算数脳パズルなぞぺー3 購入はこちら

似ているテキストがあるから注意してね!

図形なぞペーとは

「図形なぞペー」は、東京大学大学院を卒業された「子供の考える力を研修する2人の専門家」が、4才から6才向けに作ったドリルです。ドリルには、全部で56問あって、中身は「図形」を中心に、色々な問題が用意されています。

これ本当に小学生でできるの?

と思ったのですが、意外や意外、結構できるんです。子供ってすごい…

問題はこんな感じです。

こちらが図形の問題

これは三角を探す問題です。図形脳が身につきそう

こちらは思考力の問題

これは一番近い道を探す問題です

こちらは図形の分解の問題

これは、大人でも難しかった・・・

図形なぞペーをおすすめする3つの理由

さて問題と概要とお伝えしてきましたが、私が図形なそぺーをおすすめする理由は次の3つです。

  1. ページがだんだん難しくなっていくので段階的に取り組める
  2. 所々簡単な問題があって、子どもが「できたー!」って喜ぶのが可愛い
  3. 問題がすごく視覚的になっていて、字が読めなくても出来る

問題数は56問とやや少なめで、夏休みに毎日こなすとしたら、1日2問から3問づつで、「少し物足りないのでは?」と感じる方もいるかもしません。

正直、私もそうでした。でも、大丈夫です。子供は2から3問が限界です!

図形なぞペーの口コミレビュー

早速、子供にトライしてもらいました!

難しい問題は親も一緒にやる必要があって、大体1問解くのに5分から10分程度でした。

一方、簡単な問題もあって、自分でできた問題は「できたー!」とすごく喜んでやるので、結構いい感じです。

量が少ないのかな…とも思うのですが、子供もすぐ飽きるので、Ani的にはこれぐらいでヨシとします!

Ani的には、おすすめは、この後紹介する「算数脳パズルなぞペー2」と「算数脳パズルなぞペー3」、「図形なぞぺ〜」をセットで行うことです。

 > 図形なぞペーの購入はこちら

似ているテキストがあるから注意してね!

夏休みを利用して小学2、3年生の考える力を鍛えましょう

この記事では、夏休みを利用して小学2、3年生の考える力を鍛えるのにおすすめのドリル3選を紹介しました。とはいうものの私の場合は、こんな発想ではなく、

「夏休み 子供がずっと Youtube」なもんで、「このままじゃまずい…!」と思い、

やり始めました。

ただ、やってみると子供も結構楽しんでやってくれるので、よかったのかなと思います。

なんにせよ夏休みをずっとダラダラ過ごしていると、なんとなくこのままじゃまずい…!と思ってしまうママパパも多いのではないでしょうか?

金額もそんなに高いもんじゃないので、是非是非、試してみてくださいー!

> 算数脳パズルなぞぺー2 購入はこちら

> 算数脳パズルなぞぺー3 購入はこちら

図形なぞペーの購入はこちら

ちなみに他の年齢のおすすめドリルも紹介しているの参考にしてくださいー!

幼稚園児、小学1年生の夏休みおすすめドリル2選

小学1、2年生の夏休みおすすめドリル2選

小学3、4年生の夏休みおすすめドリル2