みなさん、こんにちわ。生まれ変わったら石油王の娘になりたい梅です。今日は珍しく仕事の話です。前回はコーポレートサイトの話をしましたが、今回はサービスサイト編です。

最近はSEOの観点から1サービス1ドメインみたいな感じになっていて、1つ1つのサービスでWebサイトを制作することが多いです。しかも訴求力が欲しいと。

でも、正直、

1つ1つデザイン展開していく時間ないのよ・・・

と声を大きくして言いたいです。同じような気持ちの方も多いのではないでしょうか?

この記事では、TCDの中でもサービスサイトでランキング一位となっていたSEEEDについて紹介します!

ぜひ、参考にしてみてくださいっ🎵

TCDとは

TCDは、株式会社デザインプラスが提供するWordPressテーマのブランドです。2008年にリリースされて以来、多くの企業や個人のホームページ制作に利用されています。

TCDのテーマは、デザイン性と機能性に優れており、初心者から上級者まで幅広いユーザーから支持されています。

> TCDの公式サイトはこちら

そして、TCDの中でも、サービスサイトのものなど、色々あります🎵

TCDのSEEEDとは

TCDのSEEEDは、株式会社デザインプラスが提供するWordPressテーマのブランドです。2022年8月にリリースされ、豊富なカスタマイズ機能と、SEO対策にも優れた機能が特徴です。

特に、サービスサイトの人気ランキングでは1位を取得しています。最近は、SEOの観点から、1つのサービスにつき、1つのサイトを作ることが多いので、とても気になるテーマなのですっ🎵

公式サイトにデモサイトがあるので、ぜひみてみてくださいっ!コーダー不要でこれ作れるのはすごいよ。。。

TCDのSEEEDのデモサイトはこちら

引用:TCD公式サイト

TCDのGENESISの3つの特徴とは

TCDのSEEEDの3つの特徴は、以下のとおりです。

  • 豊富なカスタマイズ機能
  • SEO対策機能
  • ブロックエディタ対応

豊富なカスタマイズ機能

SEEEDでは、ヘッダーやメインコンテンツのレイアウト、フォントやカラーなど、細部に至るまでカスタマイズすることができます。これにより、オリジナリティあふれるホームページを制作することができます。

SEO対策機能

SEEEDは、SEO対策に優れた機能を備えています。例えば、titleタグやdescriptionタグの自動生成、サイトマップの生成、内部リンクの自動生成などです。

ブロックエディタ対応

SEEEDは、ブロックエディタに対応しています。これにより、直感的な操作でコンテンツを作成することができます。

ブロックエディターで編集できる点は、納品後の管理が、コードわからなくてもできるので良いですね!

TCDのSEEEDの金額とは

TCDのGENESISの金額は、1テーマあたり43,780円(税込)です。

ちょっと高く見えますが、コーディングの料金を考えると、安い!テーマ単位ではちょっと高い印象を受ける人も多いかもっ!

なお、SEEEDの購入には、WordPressの知識とスキルが必要です。初心者の場合は、TCDの公式サイトで提供されているチュートリアルやサポートを活用するとよいでしょう。

> TCDのSEEEDはこちら

TCDのGENESISをおすすめできる人とは

TCDのSEEEDは、以下の人におすすめできます。

  • 企業のホームページやサービスサイト、ランディングページなどを制作したい人
  • オリジナリティあふれるホームページを制作したい人
  • SEO対策を重視したい人
  • ブロックエディタを使いたい人

SEEEDは、豊富なカスタマイズ機能と、SEO対策機能、ブロックエディタ対応など、企業のホームページやサービスサイト、ランディングページなどを制作するのに必要な機能を備えています。また、初心者でも扱いやすいテーマです。

> TCDのSEEEDはこちら

サービスサイト制作には、本当におすすめです。人気が高いだけありますね!実際、買ってみることにします!!

まとめ

TCDのSEEEDは、豊富なカスタマイズ機能と、SEO対策にも優れた機能が特徴のWordPressテーマです。企業のホームページやサービスサイト、ランディングページなどを制作するのに適しており、初心者でも扱いやすいテーマです。

ただし、WordPressの知識とスキルがあれば、より高度なカスタマイズを行うことができます。SEEEDは、2022年8月にリリースされた比較的新しいテーマです。今後も機能のアップデートや新機能の追加が予定されているため、今後も注目のテーマと言えるでしょう。

> TCDのSEEEDはこちら